プロフィール実行する重点公約1期4年間の活動ご意見・お問合せ



 
 自動車部品製造会社の品質管理、技術、営業、総括マネージャーなどを経験し、これからの社会は環境を守ることが必要と考え、「有限会社アルファグリーン」を共同で設立しました。
 私の担当は、大学や民間企業と共同で研究を行い、重金属による汚染対策から始まり、ダイオキシンの分解剤など様々な特許を取得してきました。現在も金沢大学理工研究域物質化学系研究員として環境浄化技術等を研究中です。
 こうした環境浄化技術への取り組みの中で「とうま明男」元県議会議員と知り合うきっかけがあり、“政治”というものに強く興味を持ち、とうま氏がリーダーを勤める若手議員の会の事務局を手伝いながら政治の勉強をしました。そして、今までの知識を広く活用し社会に貢献できる政治の世界に入る決意をしました。

 
 過去の経験を生かし、視点を変えて市政に取り組んで行きたいと奮起し、前回の統一 地方選に立候補しましたが、結果としてはあと一歩及ばず、次点となってしまいました。
  力が及ばなかった自分に“喝”を入れ第一回議員力検定試験に挑戦し、「議員3級」に合格しました。
  議員力検定とは、民主主義の基本である議会政治をはじめ、広く政治のしくみを「検定」を通じて学び、役立ててゆくためのものです。
  今、 地方分権により議員の能力向上が必須な時代になっています。景気の低迷で税収もあまり期待できない中、いかに市民サービスを向上させるか。教育・福祉・環境等さまざまな課題を議員は解決していかなければなりません。
  この時代、議員はもっと勉強をして能力をレベルアップする必要があります。

 
 このたび、維新の党より公認をいただきました。党が取り組む市民目線での本気の改革は私の政治への思いと一致するものであります。しがらみのない政党で国や県への働きかけのパイプをつくり、自分の実行力を最大限に発揮していく所存です。
 また、市政においては限られた財源の中で「今、何が必要なのか」を見極め、経営感覚を持ち、時代の流れを見据え、それに合わせた市政運営が必要であると考えています。

Copyright(C)Hanada Makoto. All Right Reserved.